2010年07月27日

【9月番組予告】カナリヤが安息できる きれいな空気とは

1007kanariya.jpgカナリヤが安息できる きれいな空気とは
毎月第3日曜日AM9:30-10:00
・私たちの健康と環境を守る、室内の空気質を知る
私たちが一日の大半を過ごす室内の空気と健康への影響をお知らせします。
◇京都カナリヤ会
放送開始:2010年9月18日
※11月21日(日)のみ放送時間が変わります。AM9:21-10:00

***********************************************
(平成22年度 京エコロジーセンターの助成対象事業)
Kyoto Kanariya 2010 空気質向上キャンペーン

きれいな空気は健康と環境を守ります。
カナリヤが安息できるきれいな空気
Air Quality Sensor, Kyoto Kanariya


きれいな空気は、人間の健康にとって最も基本的な要素です。
世界中で1日あたり、8千人(年間約300万人)の人々が大気や室内の空気汚染によって死亡していると言われています。
またWHO(世界保健機関)は、年間約300万人の死亡者のうち、280万人が室内空気汚染であると試算しています。
私たちが生活の半分以上を過ごす住宅室内の空気や、多様な生態系で構成される地球の大気において、汚染のない快適な空気を得るために、私たちは何をするべきか、社会全体で考える必要があります。                                            
京都カナリヤ会の今年度事業は、健康や環境に影響しない安全な空気質への認識を高め、私たちの生活環境の保全に向けた啓発活動とラジオ講座で専門家の対談と講話を放送します。
ラジオ講座の放送は9月〜11月の第3日曜日の9:30-10:00 、3回の番組です。
FM797京都三条ラジオカフェ番組 (9月19日,10月17日,11月21日)
この放送日から3か月間は、インターネットでも随時に聴くことができます。

9月と10月は京都大学名誉教授の内山巌雄先生と近畿大学医学部の東賢一先生の対談と講話、11月は京都大学基礎物理学研究所准教授の村瀬雅俊先生に体験を通じて環境と生命について語って戴きます。
啓発キャンペーン期間中(7月〜11月)は、京都市内の公共的施設で空気質管理に優れた施設の推薦を公募しています。推薦施設には、私どもが巡回の上、化学物質に感度の高い人も
安息可能な施設として表彰と公表を予定しています。                 
(タバコの煙と芳香剤など揮発性有機化合物の室内濃度については、時には測定機器を使用)
***********************************************

▼10.7.9 京都新聞掲載記事
100709kanariya-kyotoshinbun.jpg

posted by FM797京都三条ラジオカフェ at 22:31| 短期・単発番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。